パイプオルガン『アルザスの音』(The Sounds of Alsace)

桜台教会パイプオルガン(礼拝・コンサート用)

 

教会創立40周年を記念して、 1995年9月 完成。       

桜台教会のために製造されたこの楽器は、アルベルト・シュヴァイツアーが教区の人々に推奨したアルザス型のオルガンで、礼拝に奉仕するオルガンです。

この楽器は、ジルバーマンが18世紀にすでに製造したような、二つの音楽文化(ドイツとフランス)の集大成でもあります。56鍵の二つの手鍵盤と30鍵のペダルと、さらにこの楽器の音色の配列はフランス音楽と同様にドイツ音楽を含めた、非常に幅広いレパートリーの演奏を可能にし、クレシェンド効果をもつエコー鍵盤はさらに音楽表現の可能性を拡げることでしょう。

オルガン・ケースはメリジィエ材(桜の一種)で作られており、鍵盤のメカニックは吊式です。

グラン・トルグ(第一鍵盤)は504本のパイルを持ち、その中の12本は木管で、エコーは280本のパイプすべてが金属です。ペダルは120本のうち30本は木管で、合計904本のパイプを持つオルガンということになります。

            アルフレッド・ケルン・エ・フィス社 /フランス                  

                                              

 

 楽器の技法上の特色  構成

Grand-orgues-56Notes

Echo expressif-56Notes

Pedale-30Notes

Bourdon  8

Bousdon 8

Soubasse 16

Prestant  4

Flute   4

Flute     8

Flute     4

Nazard  2 2/3

Prestant  4

Doublette  2

Flute   2

Trompette 8

Fourniture  3 rgs

Tierce  1 3/5

 

Basse de Cromorne  8

Tremblant

 

Dessus deTrompette  8

 

 

 

フランスの『Orgues Nouvelle誌』(新年号)に昨年来日されたリオネル・アヴォ氏の「日本演奏旅行記」が掲載され、桜台教会のオルガン紹介と演奏会記事が掲載されました。

メンテナンス (2013年3月 ダニエル・ケルン氏来日)