桜台教会シリーズ:『賢く生きよう』  -ユダヤ人の知恵に学ぶー

 

 

 

新共同訳聖書外典 シラ書集会の書

 

第5章1-15節

 

高慢になるな

 

1.   自分の財産を頼みとするな。「わたしは、何でも思いのままだ」と言うな。

 

2.   本能と自分の力に引きずられ、/欲望のままに生きてはいけない。

 

3.   「だれもわたしを支配できない」と言うな。主は必ずお前に復讐なさるだろう。

 

4.   「罪を犯したが、何も起こらなかった」と言うな。主は忍耐しておられるのだ。

 

5.   どうせ罪は贖われるのだからといい気になって、/罪に罪を重ねてはならない。

 

6.   「主の憐れみは豊かだから、/数多くのわたしの罪は赦される」と言うな。主は、憐れみだけでなく、怒りをも持ち、/その激しい怒りは罪人たちの上に下る。

 

7.   速やかに主のもとに立ち帰れ。一日、もう一日と、引き延ばしてはいけない。主の怒りが、突然やって来て、/裁きの時に、お前を滅ぼしてしまうからだ。

 

8.   人を惑わす財産を頼みとするな。いざというとき、何の役にも立たない。

 

 

 

誠実と自制

 

9.   風向きを考えずにもみ殻をふるい分けるな。どんな道でも歩いてよいというわけではない。

 

それは、二枚舌の罪人がすることだ。

 

10.       自分の見解には確信を抱き、/発言には一貫性を持たせよ。

 

11.       人の言葉には、速やかに耳を傾け、/答えるときは、ゆっくり時間をかけよ。

 

12.       はっきりした見解があれば、隣人に答えよ。さもなければ、口に手を当てて何も言うな。

 

13.       名誉、不名誉も言葉しだい、/舌は身を滅ぼすもととなる。

 

14.       陰口をたたく者と呼ばれるな。舌で人を陥れるな。盗人には辱めが、/

 

二枚舌の者には激しい非難が浴びせられる。

 

15.       大事にも小事にも細心の注意を払え。

 

 

 

 

 

コプト教会 英語訳聖書対照

 

Chapter 5

 

1

Set not thy heart upon unjust possessions, and say not: I have enough to live on: for it shall be of no service in the time of vengeance and darkness.

2

Follow not in thy strength the desires of thy heart:

3

And say not: How mighty am I? and who shall bring me under for my deeds? for God will surely take revenge.

4

Say not: I have sinned, and whet harm hath befallen me? for the most High is a patient rewarder.

5

Be not without fear about sin forgiven, and add not sin upon sin:

6

And say not: The mercy of the Lord is great, he will have mercy on the multitude of my sins.

7

For mercy and wrath quickly come from him, and his wrath looketh upon sinners.

8

Delay not to be converted to the Lord, and defer it not from day to day.

9

For his wrath shall come on a sudden, and in the time of vengeance he will destroy thee.

10

Be not anxious for goods unjustly gotten: for they shall not profit thee in the day of calamity and revenge.

11

Winnow not with every wind, and go not into every way: for so is every sinner proved by a double tongue.

12

Be steadfast in the way of the Lord, and in the truth of thy judgment, and in knowledge, and let the word of peace and justice keep with thee.

13

Be meek to hear the word, that thou mayst understand: and return a true answer with wisdom.

14

If thou have understanding, answer thy neighbour: but if not, let thy hand be upon thy mouth, lest thou be surprised in an unskilful word, and be confounded.

15

Honour and glory is in the word of the wise, but the tongue of the fool is his ruin.

16

Be not called a whisperer, and be not taken in thy tongue, and confounded.

17

For confusion and repentance is upon a thief, and an evil mark of disgrace upon the double tongued, but to the whisperer hatred, and enmity, and reproach.

18

Justify alike the small and the great.

 

 

 

 

桜台教会シリーズ : 『賢く生きよう』 

 

-ユダヤ人の知恵に学ぶー

 

新共同訳聖書外典

シラ書〔集会の書〕

第4章1-10節

 

 

 

1.    子よ、貧しい人の生活を脅かすな。

 

乞い求めるまなざしの人をじらすな。

 

2.    飢えている人を悲しませるな。

 

途方に暮れている人を怒らせるな。

 

3. いらだっている人を更に苦しめるな。

 

乞い求める人に与えることをためらうな。

 

4.  悩んで助けを求める人を拒むな。

 

貧しい人から顔を背けるな。

 

5.  物乞いする人から目を背けるな。

 

お前を呪う口実を彼に与えるな。

 

6.  その人が恨みを込めてお前を激しく呪えば、

 

造り主は、彼の願いを聞き入れられるから。

 

7.  会堂では、人々から好意を持たれるようにせよ。

 

権威ある者には、頭を低くせよ。

 

8.  貧しい人の訴えに耳を傾け、

 

穏やかにそして柔和に、答えるがよい。

 

9.  不当に扱われている者を

 

加害者の手から救い出せ。

 

勇気をもって決断せよ。

 

10.  孤児たちに対しては父親のようになり、

 

孤児たちの母親に対しては、

 

その夫がするように手助けするがよい。

 

そうすれば、いと高き方はお前を子と見なし、

 

母親以上にお前を愛してくださる。

 

 

 

(コプト教会英訳対照)

Chapter 4

 

1

Son, defraud not the poor of alms, and turn not away thy eyes from the poor.

 

2

Despise not the hungry soul: and provoke not the Boor in his want.

 

3

Afflict not the heart of the needy, and defer not to give to him that is in distress.

 

4

Reject not the petition of the afflicted: and turn not away thy face from the needy.

 

5

Turn not away thy eyes from the poor for fear of anger: and leave not to them that ask of thee to curse thee behind thy back.

 

6

For the prayer of him that curseth thee in the bitterness of his soul, shall be heard, for he that made him will hear him.

 

7

Make thyself affable to the congregation of the poor, and humble thy soul to the ancient, and bow thy head to a great man.

 

8

Bow down thy ear cheerfully to the poor, and pay what thou owest, and answer him peaceable words with mildness.

 

9

Deliver him that suffereth wrong out of the hand of the proud: and be not fainthearted in thy soul

.

10

In judging be merciful to the fatherless as a father, and as a husband to their mother.

 

 

 

 

 

(新共同訳聖書対照)第4章11-19節

 

11.  知恵は、それに従う子らを高め、

 

これを追い求める者を助ける。

 

12.  知恵を愛する者は、命を愛する者。

 

朝早く起きて知恵を求める者は、

 

喜びに満たされる。

 

13.  知恵を得る者は、誉れを受け継ぎ、

 

行く先々で、主から祝福される。

 

14.  知恵に仕える者は、聖なる方に奉仕する者。

 

知恵を愛する者は、主から愛される。

 

15.  知恵に聞き従う者は、諸国民を正しく裁き、

 

知恵に心を向ける者は、安らかに暮らす。

 

16.  知恵を信頼すれば、知恵が与えられ、

 

子孫もその知恵を受け継ぐ。

 

17.  知恵は、最初、お前を険しい道に連れて行き、

 

恐れの気持を抱かせて、おじけさせる。

 

知恵の試練は、お前を激しく苦しめる。

 

知恵は、お前を信頼するまで、

 

数々の要求を突きつけて、お前を試みる。

 

18.  だがすぐに、知恵は再びお前のもとに来て、

 

お前を喜ばせ、その真意を明らかに示す。

 

19.  しかし、お前が道をそれるなら、

 

知恵はお前を見捨て、

 

お前が破滅していくにまかせる。

 

 

 

11

And thou shalt be as the obedient son of the most High, and he will have mercy on thee more than a mother.

 

12

Wisdom inspireth life into her children, and protecteth them that seek after her, and will go before them in the way of justice.

 

13

And he that loveth her, loveth life: and they that watch for her, shall embrace her sweetness.

 

14

They that hold her fast, shall inherit life: and whithersoever she entereth, God will give a blessing.

 

15

They that serve her, shall be servants to the holy one: and God loveth them that love her.

 

16

He that hearkeneth to her, shall judge nations: and he that looketh upon her, shall remain secure.

 

17

If he trust to her, he shall inherit her, and his generation shall be in assurance.

 

18

For she walketh with him in temptation, and at the first she chooseth him.

 

19

She will bring upon him fear and dread and trial: and she will scourge him with the affliction of her discipline, till she try him by her laws, and trust his soul.

 

 

 

 

 

(新共同訳聖書対照)第4章20-31節

 

20.  正しく時を見極め、悪から身を守れ。

 

いたずらに自分を恥じることはない。

 

21.  罪をもたらす恥じらいもあり、

 

名誉と尊敬に値する恥じらいもあるのだから。

 

22.  自分の気持を裏切ってまで、他人にこびるな。

 

いたずらに恥じて身の破滅をもたらすな。

 

23.  必要なときに発言するのをためらうな。

 

〔お前の知恵を、見栄のために隠してはならない。〕

 

24.  知恵は、言葉によって知られ、

 

教訓は、語る言葉によって理解されるのだから。

 

25.  真理に逆らって発言するな。

 

自分の無学を恥じよ。

 

26.  罪を告白することを恥じるな。

 

川の流れを無理にせき止めてはならない。

 

27.  愚か者の言いなりになるな。

 

権力者にへつらうな。

 

27.  真理のためには、命がけで戦え。

 

主なる神も、お前に味方して戦ってくださる。

 

29.  軽はずみな口を利くな。

 

仕事を怠けたり、なげやりにしたりするな。

 

30.  家の中で獅子のようにふるまうな。

 

自分の家の召し使いたちを気まぐれに扱うな。

 

31.  もらうときに手を出すのなら、  

 

返すときには出ししぶるな。

 

 

 

20

Then she will strengthen him, and make a straight way to him, and give him joy,

 

21

And will disclose her secrets to him, and will heap upon him treasures of knowledge and understanding of justice.

 

22

But if he go astray, she will forsake him, and deliver him into the hands of his enemy.

 

23

Son, observe the time, and fly from evil.

 

24

For thy soul be not ashamed to say the truth.

 

25

For there is a shame that bringeth sin, and there is a shame that bringeth glory and grace.

 

26

Accept no person against thy own person, nor against thy soul a lie.

 

27

Reverence not thy neighbour in his fall:

 

28

And refrain not to speak in the time of salvation. Hide not thy wisdom in her beauty.

 

29

For by the tongue wisdom is discerned: and understanding, and knowledge, and learning by the word of the wise, and steadfastness in the works of justice.

 

30

In nowise speak against the truth, but be ashamed of the lie of thy ignorance.

 

31

Be not ashamed to confess thy sins, but submit not thyself to every man for sin.

 

32

Resist not against the face of the mighty, and do not strive against the stream of the river.

 

33

Strive for justice for thy soul, and even unto death fight for justice, and God will overthrow thy enemies for thee.

 

34

Be not hasty in thy tongue: and slack and remiss in thy works.

 

35

Be not as a lion in thy house, terrifying them of thy household, and oppressing them that are under thee.

 

36

Let not thy hand be stretched out to receive, and shut when thou shouldst give.

 

 

       

コプト教会 シラ書(新共同訳聖書対照)

 

 シラ書集会の書〕第3章17-31節

  

 

 

 17  子よ、何事をなすにも柔和であれ。

 

    そうすれば、施しをする人にもまして愛される。

 

 18 偉くなればなるほど、自らへりくだれ。

 

    そうすれば、主は喜んで受け入れてくださる。

 

 19 〔身分の高い人や著名な人は多い。

 

    しかし、神の奥義は柔和な人に現される。〕

 

 20 主の威光は壮大。

 

    主はへりくだる人によってあがめられる。

 

 21 お前の力に余ることを理解しようとするな。

 

    また、手に負えないことを探究しようとするな。

 

 22 お前のために定められていること、/

 

       それを熟慮せよ。

 

    お前に示されていないことを知る必要はない。

 

 23 できないことに手を出すな。

 

    お前に示されたことは、/

 

       既に人間の理解を超えたものなのだから。

 

 24 多くの者が早合点して道を誤り、/

 

    誤った推測で判断をゆがめてしまった。

 

 25 〔目がなければ、光を見ることはできない。

 

    知識がないのに、知ったかぶりをするな。〕

 

  26 心のかたくなな者は、晩年になって苦しむ。

 

    危険を好む者は、それによって身を滅ぼす。

 

 27 心のかたくなな者は、重荷を負って悩み苦しむ。

 

    罪人は、罪に罪を重ねる。

 

 27 高慢な者が被る災難は、手の施しようがない。

 

    彼の中には悪が深く根を下ろしている。

 

 29 賢者の心は、格言を思い巡らし、/

 

    知者の耳は、格言を熱心に聴く。

 

 30 水が燃え盛る火を消すように、/

 

    施しの業は、罪を償う。

 

 31 好意に報いることは、自分の将来のためになる。

 

    困難に陥ったときに、支えが与えられる。

 

 

 

   コプト教会 シラ書〔集会の書〕

 

 Chapter 3

 

 17

And in justice thou shalt be built up, and in the day of affliction thou shalt be remembered: and thy sine shall melt away as the ice in the fair warm weather.

   

18

 Of what an evil fame is he that forsaketh his father: and he is  cursed of God that angereth his mother.

 

 19 

My son, do thy works in meekness, and thou shalt be beloved above the glory of men.

 

 20

The greater thou art, the more humble thyself in all things, and thou shalt find grace before God:

 

 21

For great is the power of God alone, and he is honoured by the humble.

 

 22

Seek not the things that are too high for thee, and search not into things above thy ability: but

the things that God hath commanded thee, think on them always, and in many of his works be

 not curious.

 

 23

For it is not necessary for thee to see with thy eyes those things that are hid.

 

 24

In unnecessary matters be not over curious, and in many of his works thou shalt not be inquisitive.

 

 25

For many things are shewn to thee above the understanding of men.

 

 26

And the suspicion of them hath deceived many, and hath detained their minds in vanity.

 

 

27

A hard heart shall fear evil at the last: and he that loveth danger shall perish in it.

 

28

A heart that goeth two ways shall not have success, and the perverse of heart shall be scandalized therein.

 

29

A wicked heart shall be laden with sorrows, and the sinner will add sin to sin.

 

30

The congregation of the proud shall not be healed: for the plant of wickedness shall take root in them, and it shall not be perceived.

 

31

The heart of the wise is understood in wisdom, and a good ear will hear wisdom with all desire.

 

32

A wise heart, and which hath under- standing, will abstain from sine, and in the works of justice shall have success.

 

33

Water quencheth a flaming fire, and alms resisteth sins:

 

34

And God provideth for him that sheweth favour: he remembereth him afterwards, and in the time of his fall he shall find a sure stay.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コプト教会 シラ書(新共同訳聖書対照)

 

 シラ書集会の書〕第3章1-16節

 

 1 子供たちよ、/

 

    父の戒めに耳を傾け、それを守れ。

 

    そうすれば、つつがなく暮らせる。

 

  2 主は、子に対する権威を父に授け、/

 

    子が母の判断に従う義務を定めておられる。

 

  3 父を尊べば、お前の罪は償われ、

 

   4 同じく、母を敬えば、富を蓄える。

 

  5 父を尊べば、いつの日か、/

 

          子供たちがお前を幸せにしてくれる。

 

    主は、必ず祈りを聞き入れてくださる。

  

 6 父を敬う者は、長寿に恵まれ、/

 

    主に従う者は、母を安心させる。

 

  7 〔主を畏れる人は、父を尊び、〕/

 

    僕が主人に仕えるように、両親に仕える。

 

  8 言葉と行いをもって、父を尊敬せよ。

 

    そうすれば、父から祝福を受ける。

 

  9 父の祝福は、子供たちの家を堅固なものとし、/

 

    母の呪いは、子供たちの家の土台を覆す。

 

 10 父の名誉を傷つけてまで、/

 

          自分の栄誉を求めるな。

 

    父の不名誉は、お前の栄誉とはならない。

 

 11 父親を敬うこと、これこそ人間の栄誉なのだ。

 

    母親を侮ること、それは子供にとって恥である。

 

 12 子よ、年老いた父親の面倒を見よ。

 

    生きている間、彼を悲しませてはならない。

 

 13 たとえ彼の物覚えが鈍くなっても、/

 

          思いやりの気持を持て。

 

    自分が活力にあふれているからといって、/    

 

          彼を軽蔑してはならない。

 

 14 主は、父親に対するお前の心遣いを忘れず、/

 

    罪を取り消し、お前を更に高めてくださる。

 

  15 お前が苦難に遭うとき、/

 

          主は、その心遣いを思い出してくださる。

 

    お前の罪は、晴れた日の霜のように/

 

          解け去るであろう。

 

 16 父を見捨てる者は、神を冒涜する者、同じく/

 

    母を怒らせる者は、主に呪われている者。

 

 

Chapter 3

 

 1 

The sons of wisdom are the church of the just: and their generation, obedience and love.

 2

Children, hear the judgment of your father, and so do that you may be saved.

 3

For God hath made the father honourable to the children: and seeking the judgment of the mothers, hath confirmed it upon the children.

 4

He that loveth God, shall obtain pardon for his sine by prayer, and shall refrain himself from them, and shall be heard in the prayer of days.

 5

And he that honoureth his mother is as one that layeth up a treasure.

 6

He that honoureth his father shall have joy in his own children, and in the day of his prayer he shall be heard.

 7

He that honoureth his father shall enjoy a long life: and he that obeyeth the father, shall be a comfort to his mother.

 8

He that feareth the Lord, honoureth his parents, and will serve them as his masters that brought him into the world.

 9

Honour thy father, in work and word, and all patience,

10

That a blessing may come upon thee from him, and his blessing may remain in the latter end.

11

The father's blessing establisheth the houses of the children: but the mother's curse rooteth up the foundation.

12

Glory not in the dishonour of thy father: for his shame is no glory to thee.

13

For the glory of a man is from the honour of his father, and a father without honour is the disgrace of the son.

14

Son, support the old age of thy father, and grieve him not in his life;

15

And if his understanding fail, have patience with him, and despise him not when thou art in thy strength: for the relieving of the father shall not be for- gotten.

16

For good shall be repaid to thee for the sin of thy mother.

 

 

 

 

 

 

-ベン・シラの書について-

 

 

 この書は『ソロモンの知恵(箴言)』や『コヘレトの言葉(伝道の

 

書)』と同じ知恵文学に属する。我々が持つ聖書正典66巻から外さ

 

れているが、カトリック教会ではラテン語訳により古くから「教会の

 

書」として用いられ会員も良く読んでいる。プロテスタント教会では

 

「旧約聖書続編つき」を購入しなければ読む機会が無い。『外典』と

 

位置付け、66巻の正典から外している。救いの書として聖書正典を

 

重んじるプロテスタントでは当然のことである。特に外典は信仰義認

 

など魂の救済に関する教義が教えられていないことにより、教会でも

 

積極的に学ぶことを勧めて来なかった。そのために一般の信者には読

 

む機会が失われている。しかし、カトリック教会はもとより長いキリ

 

スト教伝統に生きる欧米社会では、この書は信仰者の生活の知恵とし

 

て愛読され、倫理的規範としての子供への躾け書としても用いられて

 

キリスト教的常識を形成している。キリスト教的歴史の浅い日本のキ

 

リスト者が世界的に活躍する時代を思えば、早い段階でこの書物に触

 

れることがキリスト教世界を生きる知恵を得るためにも重要であろ

 

う。

 

 

 

 本書は序文にその著述の意図と背景が書かれている。原書名は『シ

 

ラクの子イエスの知恵』であるが、一般に『ベン・シラの書』と呼ん

 

でいる。このように呼ぶ書名そのものに意味がある。『ベン・シラ

 

(シラの子)』とはこの書を学んで『道を究めて生きる人』とも解釈さ

 

れる。ヘブル語でベンは子、シラは人名であると共に、道、いばら

 

、シロアム=遣わされた者などの意味がある。著者は「シラ・エレア

 

ザルの子、エルサレムに住むイエス」(50:27)とあり、その孫が

 

BC132年、エジプトのプトレマイオス7世の時、アレキサンドリ

 

アでギリシャ語に翻訳したとある。ヘブル語による実際の著作年代は

 

紀元前190年から180年ごろである。

 

 

 

 

 当時イスラエルはエジプトとシリアの大国のはざ間にあった。後に

 

イスラエルはシリアのアンティオカスエピファネス王の下に蹂躙され

 

るが、ギリシャ化(ヘレニズム)が進む中、祭司の職にあった著者が

 

イスラエルの伝統を回復するために英知を結集して著作した文書であ

 

る。アレキサンダー大王によるヘレニズム化はイスラエルの歴史文化

 

にも大きな影響を残している。アレキサンドリアは紀元前3世紀以来

 

ディアスポラ(離散した)ユダヤ人が多く住み、異文化ではあったがそ

 

の文化レベルは図書館にも代表される通り、世界最大の繁栄を誇って

 

いた。

 

 

 

 

 

 

著者はイスラエルの信仰と宗教を誇りとしつつ、ヘレニズムの退廃

 

する生活圏の中でヤーウエへの信仰を保持する生き方を教示する。

 

それは神と共に生きる生き方であり、旧約の歴史を学び直して民族

 

のアイデンティティを回復する事にあった。それ故にシラ書の44

 

章以下には創世記から始まる歴史的人物について言及している。こ

 

れもまたクリスチャンには有益な学びとなる。

 

 

 

 クリスチャンがさらに豊かな知恵を得て、この時代を賢く、元気よ

 

く生きるめに読んで頂きたい文書である。

 

 

 

 

 

(外典:ベン・シラ 集会の書 序言

 

 

1-2 律法の書と預言者の書およびその後に書かれた他の書物は、我々に多くの貴重な教えを残してくれているが、

 

3 そこに述べられている教訓と知恵のゆえに、我々はイスラエルをほめたたえるべきである。

 

4 ところで、それらを読む者は、自分自身が理解して賢くなるだけでは十分と言えない。

 

5-6 学問を大切にする者は、また、自らも語ったり書いたりして、一般の人々の役に立ちうる人でなければならない。

 

7-10 わたしの祖父イエススは、長年、律法の書と預言者の書と先祖たちの他の書物を読むことに専念した。

 

11 そして十分習熟した後、

 

12 教訓と知恵に関する書物を自分も書く気になった。

 

13 それは、学問を大切にする人たちが、その教訓と知恵をしっかりと把握して、

 

14 なおいっそう律法に適った生活ができるようになるためである。

 

15 そこで読者にお願いする。

 

16-17 素直な心でこの書物を精読してほしい。

 

18-20 我々は、懸命に努力したのであるが、上手に翻訳されていない語句もあると思われるので、そのような個所についてはどうかお許し願いたい。

 

21-22 というのは、元来ヘブライ語で書かれているものを他の言語に翻訳すると、それは同じ意味合いを持たなくなってしまうからである。

 

23 この書物だけではなく、

 

24-25 律法の書それ自体と預言者の書および他の書物でさえも、

 

26 いったん翻訳されると、原著に表現されているものと少なからず相違してくるのである。

 

27 エウエルゲテス王の治世の第三十八年に、

 

28 わたしはエジプトにやって来てしばらく滞在したが、

 

29 そのとき、かなり重要な教訓が記されている書物の写しを見つけた。

 

30 そこでわたし自身も、熱意と努力を傾けて、祖父の書を翻訳することが改めて必要であると考えた。

 

31-36 そのとき以来、異国にあって勉学にいそしみたいと願い、更に、律法に適った生き方をしようとの志を強く抱いている人たちのためにも、本書を完成させて公に しようと、しばしば徹夜して、また、あらゆる知識を駆使して、この仕事に取りかかったのである。

 

 

 

 

 

コプト教会シラ書・旧約聖書続編 

(新共同訳聖書対照)

  

Chapter 1

 

1

All wisdom is from the Lord God, and hath been always with him, and is before all time.

 

2

Who hath numbered the sand of the sea, and the drops of rain, and the days of the world? Who hath measured the height of heaven, and the breadth of the earth, and the depth of the abyss?

 

3

Who hath searched out the wisdom of God that goeth before all things?

 

4

Wisdom hath been created before all things, and the understanding of prudence from everlasting.

 

5

The word of God on high is the fountain of wisdom, and her ways are everlasting commandments.

 

6

To whom hath the root of wisdom been revealed, and who hath known her wise counsels?

 

7

To whom hath the discipline of wisdom been revealed and made manifest? and who hath understood the multiplicity of her steps?

 

8

There is one most high Creator Almighty, and a powerful king, and greatly to be feared, who sitteth upon his throne, and is the God of dominion.

 

9

He created her in the Holy Ghost, and saw her, and numbered her, and measured her.

 

10

And he poured her out upon all his works, and upon all flesh according to his gift, and hath given her to them that love him.

 

 

1章

 1 すべての知恵は、主から来る。主と共に永遠に存在する。

 

 2 浜辺の砂、雨の滴、/永遠に続く日々、/だれがこれらを数え尽くしえようか。

 

 3 天の高さ、地の広さ、/地下の海、知恵の深さ、/だれがこれらを探りえようか。

 

 4 知恵は、他のすべてのものに先立って造られ、/その悟る力も、永遠の昔から存在している。

 

 5 〔知恵の泉は、いと高き所にいます神の言葉、/知恵の歩みは、永遠の掟。〕

 

 6 知恵の根源が、だれに示されたであろうか。その巧みさを、だれが知りえたであろうか。

 

 7 〔知恵がもたらす知識を、だれが見たであろうか。知恵がもたらす豊かな経験を、/だれが理解したであろうか。〕

 

 8 知恵ある方はただひとり、いと畏き方、/玉座に座っておられる主である。

 

 9 主御自身が知恵を造り、/これを見て、価値あるものとされ、/造られたすべてのものの上に知恵を注がれた。

 

10 主は、すべての人々に分に応じて知恵を与え、/主を愛する者には惜しみなくそれを与えられた。〔主を愛することこそ、輝かしい知恵。主は、御自分を示すために、知恵を分け与え、/こうして彼らは主を見るようになる。〕

 

 

 

 

11

The fear of the Lord is honour, and glory, and gladness, and a crown of joy.

 

12

The fear of the Lord shall delight the heart, and shall give joy, and gladness, and length of days.

 

 

13

With him that feareth the Lord, it shall go well in the latter end, and in the day of his death he shall be blessed.

 

14

The love of God is honourable wisdom.

 

15

Ana they to whom she shall shew herself love her by the sight, and by the knowledge of her great works.

 

16

The fear of the Lord Is the beginning of wisdom, and was created with the faithful in the womb, it walketh with chosen women, and is known with the just and faithful.

 

17

The fear of the Lord is the religiousness of knowledge.

18

Religiousness shall keep and justify the heart, it shall give joy and gladness.

 

19

It shall go well with him that feareth the Lord, and in the days of his end he shall be blessed.

 

20

To fear God is the fulness of wisdom, and fulness is from the fruits thereof.

 

21

She shall fill all her house with her increase, and the storehouses with her treasures.

 

22

The fear of the Lord is a crown of wisdom, filling up peace and the fruit of salvation:

 

 

11 主を畏れることは、誉れと誇り、/幸せと喜びの冠である。

 

12 主を畏れることは、心を楽しませ、/喜びと、幸福と、長寿をもたらす。〔主を畏れることは、主からの賜物、/それによって愛の道を歩むことができる。〕

 

13 主を畏れる人は、幸せな晩年を送り、/臨終の日にも、主から祝福を受ける。

 

14 主を畏れることは、知恵の初めである。知恵は、主を信じる人たちに/母の胎内にいるときから与えられている。

 

15 知恵は、人々の間に揺るぎない基を据え、/人々は、幾世代にもわたってそれに信頼を置く。

 

16 主を畏れることは、知恵に満たされること、/人々は、知恵の果実に陶酔し、

 

17 彼らの家は、すべて望むもので満たされ、/そのすべての倉は、知恵の産物で満ちあふれる。

 

18主を畏れることは、知恵の冠、/平和の花を咲かせ、健康を保たせる。。〔主への畏敬と知恵こそは、/平和をもたらす神の賜物、/神を愛する者に誇りは増し加わる。

 

19主はこれを見て、価値あるものとされた。〕/知恵は、知識と悟りを雨のように注ぎ、/知恵を保つ者の栄誉を高める。

 

20主を畏れることは、知恵の根源、/そこから生え出る枝は、長寿である。

 

21〔主を畏れることは、罪を退け、/その畏れを心にとどめる人は、/すべての怒りを遠ざける。〕

 

 

 

23

And it hath seen, and numbered her: but both are the gifts of God.

24

Wisdom shall distribute knowledge, and understanding of prudence: and exalteth the glory of them that hold her.

 

25

The root of wisdom is to fear the Lord: and the branches thereof are longlived.

 

26

In the treasures of wisdom is understanding, and religiousness of knowledge: but to sinners wisdom is an abomination.

 

 

22 不当な憤りには、弁解の余地がなく、/理不尽な憤りは、身の破滅を招く。

 

23 辛抱強い人は、時が来るまで耐え忍ぶ。耐え忍んだ後には、気分が晴れて壮快になる。

 

24 彼は語るべき時が来るまで、口を慎む。そうすると多くの人々は、/彼の思慮深さを伝え広める。

 

 

27

The fear of the Lord driveth out sin:

 

28

For he that is without fear, cannot be justified: for the wrath of his high spirits is his ruin.

 

29

A patient man shall bear for a time, and afterwards joy shall be restored to him.

 

30

A good understanding will hide his words for a time, and the lips of many shall declare his wisdom.

 

31

In the treasures of wisdom is the signification of discipline:

 

32

But the worship of God is an abomination to a sinner.

 

 

33

Son, if thou desire wisdom, keep justice, and God will give her to thee.

 

34

For the fear of the Lord is wisdom and discipline: and that which is agreeable to him,

 

35

Is faith, and meekness: and he will fill up his treasures.

 

36

Be not incredulous to the fear of the Lord: and come not to him with a double heart.

 

37

Be not a hypocrite in the sight of men, and let not thy lips be a stumblingblock to thee.

 

38

Watch over them, lest thou fall, and bring dishonour upon thy soul,

 

39

And God discover thy secrets, and cast thee down in the midst of the congregation.

 

40

Because thou camest to the Lord wickedly, and thy heart is full of guile and deceit.

 

 

 

 25 知恵の倉には、知識に満ちた箴言がある。しかし罪人は、敬神の心を忌み嫌う。

 

 26 知恵を熱望するならば、/主の掟を守り通すがよい。主は知恵を豊かに与えてくださる。

 

 27 主を畏れることは、知恵であり、教訓である。主は、誠実と柔和を喜ばれる。

 

 28 主を畏れることをいとうな。二心をもって主に近づいてはならない。

 

 29 人々の前で己を偽るな。お前の口を慎むがよい。

 

 30 高ぶった思いを抱くな。さもないと、つまずいて恥をかく。主は、お前の正体を明らかにし、/会堂の中で面目を失わせる。なぜなら、お前は畏れを持たずに主に近づき、/心は偽りに満ちていたのだから。

 

 

 

  

  コプト教会シラ書・旧約聖書続編

 (新共同訳聖書対照)

 

Chapter 2

 

1 

Son, when thou comest to the service of God, stand in justice and in fear, and prepare thy soul for temptation.

 

2

Humble thy heart, and endure: incline thy ear, and receive the words of understanding: and make not haste in the time of clouds.

 

3

Wait on God with patience: join thyself to God, and endure, that thy life may be increased in the latter end.

 

4

Take all that shall be brought upon thee: and in thy sorrow endure, and in thy humiliation keep patience.

 

5

For gold and silver are tried in the fire, but acceptable men in the furnace of humiliation.

 

6

Believe God, and he will recover thee: and direct thy way, and trust in him. Keep his fear, and grow old therein.

 

  

 

2章

 

  1 子よ、主に仕えるつもりなら、/自らを試練に向けて備えよ。

 

  2 心を引き締めて、耐え忍べ。災難のときにも、取り乱すな。

 

  3 主に寄りすがり、決して離れるな。そうすれば、豊かな晩年を送ることになる。

 

  4身にふりかかる艱難は、すべて甘受せよ。たとえ屈辱を受けても、我慢せよ。

 

  5金は火で精錬され、/人は屈辱のかまどで陶冶され、/神に受け入れられる。      〔病気のときも貧しいときも、主に依り頼め。〕

 

  6 主を信頼せよ。そうすれば必ず助けてくださる。お前の歩む道を一筋にして、主に望みを置け。

 

  

7

Ye that fear the Lord, wait for his mercy: and go not aside from him, lest ye fall.

 

8

Ye that fear the Lord, believe him: and your reward shall not be made void.

 

9

Ye that fear the Lord, hope in him: and mercy shall come to you for your delight.

 

10

Ye that fear the Lord, love him, and your hearts shall be enlightened.

 

11

My children behold the generations of men: and know ye that no one hath hoped in the Lord, and hath been confounded.

 

12

For who hath continued in his commandment, and hath been forsaken? or who hath called upon him, and he despised him?

 

13

For God is compassionate and merciful, and will forgive sins in the day of tribulation: and he is a protector to all that seek him in truth.

 

 

  

  7主を畏れる人たちよ、主の憐れみを待ち望め。わき見をしてはならない。さもないと、道を踏み外す。

 

  8 主を畏れる人たちよ、主を信頼せよ。そうすれば必ず報われる。

 

  9 主を畏れる人たちよ、主が賜るすばらしいこと、/すなわち、永遠の喜びと憐れみを待ち望め。  〔主は喜びに満ちた永遠の賜物を/報酬として与えてくださる。〕

 

10 昔の人々のことを顧みて、よく考えてみよ。主を信頼して、欺かれた者があったか。   主を敬い続けて、見捨てられた者があったか。主を呼び求めて、無視された者があったか。

 

11 主は、慈しみ深く、憐れみ深い方、/わたしたちの罪を赦し、/苦難のときに助けてくださる。

 

   

14

Woe to them that are of a double heart and to wicked lips, and to the hands that do evil, and to the sinner that goeth on the earth two ways.

 

15

Woe to them that are fainthearted, who believe not God: and therefore they shall not be protected by him.

 

16

Woe to them that have lost patience, and that have forsaken the right ways, and have gone aside into crooked ways.

 

17

And what will they do, when the Lord shall begin to examine?

 

 

12 臆病な者、怠惰な者、/二またをかける罪人は、禍いだ。

 

13 無気力な者は、禍いだ。彼には信念がない。だから、彼には主の守りはない。

 

14 忍耐を捨てた者は、禍いだ。主の裁きの時には、どうするつもりなのか。

   

 

17

And what will they do, when the Lord shall begin to examine?

 

18

They that fear the Lord, will not be incredulous to his word: and they that love him, will keep his way.

 

19

They that fear the Lord, will seek after the things that are well pleasing to him: and they that love him, shall be filled with his law.

 

20

They that fear the Lord, will prepare their hearts, and in his sight will sanctify their souls.

 

21

They that fear the Lord, keep his Commandments, and will have patience even until his visitation,

 

22

Saying: If we do not penance, we shall fall into the hands of the Lord, and not into the hands of men.

 

23

For according to his greatness, so also is his mercy with him.

 

 

 15 主を畏れる人は、主の掟に背かない。主を愛する人は、主の道を歩み続ける。

 

 16 主を畏れる人は、主を喜ばせようと心がけ、/主を愛する人は、律法を喜んで守る。

 

 17 主を畏れる人は、常に心の備えをし、/主の前で、自らへりくだる。

 

 18 「わたしたちは、自分を、人の手にではなく、/主の御手にゆだねます。

 主の憐れみは、/その尊厳と同じく、偉大なのですから。」